文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

庄原市シルバーリハビリ体操

シルバーリハビリ体操ロゴマーク

 庄原市シルバーリハビリ体操ロゴマーク.png

  シルバーリハビリ体操は、主に高齢者の介護予防を目的に、茨城県立健康プラザ管理者の大田仁史医師がリハビリテーション学と障害学に基づいて考案した体操です。肩や膝、腰の痛みなど、人によって体の悩みは異なりますが、その悩みに対応する92種類の体操があります。
  おおむね60歳以上の市民がシルバーリハビリ体操指導士となり、サロンやデイホームなどの集まり場で活躍しています。市では、指導士による活動を通して、市民一人一人が、自ら継続して健康づくりに取り組むことができる地域づくりを目指しています。
 高齢者同士が教え、教わりながら介護予防に取り組んでいきましょう!
 

シルバーリハビリ体操を続けると、どんないいことがあるの?                                                           

1.道具を使わず、いつでも、どこでも、一人でもできます。
2.健康な高齢者だけでなく、虚弱な高齢者も安心して行えます。
3.体を柔らかく、また、筋肉を強化して、生活動作を楽にします。
4.指導士自身にも、健康維持や介護予防の効果があります。
 現在、または将来、介護する人・される人、誰にでも役立つ体操です。


シルバーリハビリ体操の主な内容

●いきいきヘルス体操
 「寝て」・「床」・「椅子」・「起立」のどの姿勢でも行え、生活動作を楽にする体操です。

●いきいきヘルスいっぱつ体操
 
肩や膝などに慢性の痛みがある高齢者を対象に、筋力をつけ、からだの柔軟性を高める体操です。

●その他の体操
 嚥下体操・発声練習・顔面体操など


地域で体操をはじめるにはどうしたらいい?

①集まり場に指導士を呼ぶ場合

 グループや団体で、「シルバーリハビリ体操をやってみたい」、「指導士を派遣してほしい」という場合は、申込書に記入のうえ、開催希望日の2週間前までに、市役所(高齢者福祉課または支所)へ提出してください。

  ●申し込みに関する留意事項[DOC:17KB]

  ●体操の申込書[DOCX:15KB]

②指導士が開催する教室に参加する場合

 市内3地域で、指導士が定期的に体操教室を開催しています。

①庄原教室 毎月第3火曜日 13時30分~14時30分 備後庄原駅舎多目的ホール

②西城地域 毎月第3水曜日 13時30分~14時30分 しあわせ館2階こだま・やまびこ

➂東城地域 毎月第1月曜日・第3水曜日 13時30分~15時 東城自治振興センター

【体操教室の問い合わせ先】

①高齢者福祉課地域包括支援センター係 0824-73-1165

②西城支所地域振興室保健福祉係(しあわせ館) 0824-82-2202

➂東城支所市民生活室保健福祉係 08477-2-5131

【指導士の方へ】
  ●報告書様式[DOC:39KB] (記入例[PDF:108KB])
  ●別紙様式[XLS:24KB] (記入例[PDF:114KB])

シルバーリハビリ体操の普及の要「指導士」になるには?

  市が実施する養成講習会を修了した地域の皆さんが、「指導士」として体操の指導を行っています。
 指導士は、体操の指導を通して、体操の普及と住民主体の地域づくりに取り組んでいます。
 あなたも指導士になって活動してみませんか?


NEW 令和4年度シルバーリハビリ体操2級指導士養成講習会 受講生 大募集中!!

シルバーリハビリ体操2級指導士養成講習会募集チラシ.png

※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。

高齢者福祉課
お問い合わせ
高齢者福祉係:高齢者の在宅福祉、高齢者生きがい対策、高齢者の地域生活支援など
電話:0824-73-1143
地域包括支援センター係:地域包括支援センター事業、地域ケア(個別、日常生活圏域)会議、在宅医療・介護連携推進事業など
電話:0824-73-1165
介護保険係:介護保険事業、要介護認定、介護保険の給付など
電話:0824-73-1167
FAX番号
高齢者福祉課:0824-75-0245