文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

東城町で古民家再生や、新築・リフォームをしている佐伯さん

先祖代々受け継ぎ、守り、残してきた里山の原風景や田畑山林がまちの宝であるとの思いから、その一部である家も残したいと、古民家再生に力を入れている佐伯真史さんにお話を伺いました。

佐伯真史(さいきしんじ)さん
佐伯真史さん1.jpg

古民家再生

高校を卒業後、都会への憧れもあり大阪の建築の学校に進学しました。卒業後も大阪での就職を考えていましたが、祖父の代から続く建築業を受け継ぐため東城に帰りました。
この仕事を始めた頃は、新築や新建材を利用したリフォームをメインで行っていて、新しい物が良いと思い、田舎にある家は古臭い物だと思っていました。
しかし、大阪からIターンで西城町に移住されたご夫妻と出会い、古民家のリフォームを行ったことをきっかけに、今まで何気なく見ていた古民家は都会の人にとっては珍しく、むしろ新しいものだと映ることに気付きました。
しっかりと見てみると長い歴史を経た古民家には黒光りした太い力強い大黒柱や梁、栗の柱や、桜の床板等、特性や味わいを生かした木材が使われ、土壁や漆喰等風土に適した素材は、それを生かしてきた大工・左官の技術力の高さの証であることが分かります。
また地域の人々と助け合いながら建てるなど、古民家が持つ沢山の魅力に自分自身が魅かれていきました。
そして古民家だけではなく、いつも見慣れていた里山の原風景、田んぼや畑など先祖代々大切に受け継ぎ、残してきたこの景色や物こそ、まちの宝だと気付き、それらを守っていきたいと強く思いました。
これらを残していくことこそが都会にはない庄原市ならではの魅力であり、移住や定住に繋がるものだと思っています。


仲間づくり
私は住宅の仕事をしているので、住宅に関係することで庄原のまちの魅力を伝えたり、地域が少しでも活性化してほしいと思っています。今後はまちを良くしたいという思いを持っている方とたくさん繋がり、仲間をつくり、そんな方々と一緒に庄原市を良くする活動をしていきたいと思っています。

※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。

自治定住課
お問い合わせ
自治振興係:住民自治の推進、コミュニティ振興、地縁団体、自治振興区、集会所の整備など
電話:0824-73-1209
メール:jichi@city.shobara.lg.jp

定住推進係:転入定住施策など
電話:0824-73-1257
メール:teiju@city.shobara.lg.jp