文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

博物館の紹介

常設展示

本館

比和博物館_常設展示室
○本館では、中国山地の自然のあらましと、自然を利用した人々の生活や文化に
_焦点をあてています。

○モグラ、ネズミなどの小型哺乳類コーナー、キツネ、ツキノワグマなどの中・
_大型哺乳類コーナー、中国山地の鳥類コーナー、淡水二枚貝コーナー、チョウ
_・クワガタなどの昆虫コーナーがあります。

〇昆虫コーナーでは、広島県で記録されているすべての蝶132種や、すでに絶滅
_している昆虫や絶滅危惧種の昆虫など貴重な昆虫標本を展示しています。

〇とりわけモグラ類については標本数が多く、"モグラ博物館"の愛称のもとにな
_りました。その生態などについて、詳しく展示しています。また、地中に穴を
_掘って暮らす国内のモグラ5種のうち、4種を展示しています。

■博物館クイズに挑戦して、博物館グッズをゲットしよう!
_本館の常設展示には、展示をより理解していただけるように、博物館クイズを10問_用意しています。令和3年4月からクイズの内容をリニューアルしました!
_5問以上の正解者には、比和自然科学博物館のグッズを贈呈します。博物館の展示を楽しみながら、博物館クイズにレッツトライ!!

モグラ


地学分館

地学分館・クジラの展示
○地学分館は平成24年7月にオープンしました。

○ショウバラクジラなど、庄原市から発見された4種のクジラ
_の化石を展示しています。これは、中国山地が海だった今
_から約1600万年前、この地域へ回遊してきていたものです。
_クジラ以外にも、当時の環境を物語る様々な化石を展示し
_ています。

○また、庄原という地域を特徴付ける備後砂やろう石をはじめ
_とした多種多様な岩石や鉱物、三葉虫やアンモナイトなどの
_化石を展示しており、一部は実際に手にとって観察できま
_す。
鉱物
化石

企画展・特別展

ミニ特別展
ミニ特別展「あっ!と驚くハチのおもしろ生態展」(平成28年)
特別展
「比和牛供養田植解説展」(平成28年)


makino.jpg
『植物学者牧野富太郎が登った吾妻山-吾妻山植物誌の完成を記念して-』(令和元年)


特別展トップページ用.jpg
『博物館創立70周年記念特別展比婆山連峰の生物多様性』(令和3年)


中国山地の自然史に関する企画展・特別展を開催しています。
開催情報は催し物にてご確認ください。

収蔵資料

中国山地の自然史に関する資料を収集保管しています。
研究者の方への資料貸出・調査については、お問合せください。
また、一部資料については標本資料報告にて取りまとめております。
hw_mr.jpg

※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。

比和自然科学博物館
お問い合わせ
〒727-0301
広島県庄原市比和町比和1119番地1
電話:0824-85-3005