文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

【飲食事業者・大規模施設事業者の皆様】休業・営業時間短縮の要請について

広島県に緊急事態宣言が発出されたことに伴い、次の事業者に対して、休業または営業時間の短縮が要請されています。令和3年5月28日に、国において緊急事態宣言が6月20日までに延長されたことを受け、広島県は6月20日までを緊急事態措置期間としました。

広島県協力支援金センター(082-248-6851:9時半~12時、13時~17時まで)

1.飲食事業者の皆様へ

要請内容

〇期間
5月16日(日)から6月20日(日)までの休業または営業時間短縮
★緊急事態措置期間1:5月16日(日)~5月31日(月)
★緊急事態措置期間2:6月1日(火)~6月20日(日)


〇内容
(1)酒類またはカラオケ設備を提供する飲食店等

  • 原則、休業
  • 休業しない場合は、酒類およびカラオケ設備を提供しないことと営業時間の短縮【営業時間は、5時から20時まで】

(2)(1)以外の飲食店

  • 営業時間の短縮【営業時間は、5時から20時まで】

〇広島県からの要請について
この要請に関する詳しい内容については、広島県のホームページをご覧ください。
【緊急事態宣言の延長に伴う要請の詳しい内容が掲載されたページはこちら】



広島県感染症拡大防止協力支援金について
(1)内容
新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、令和3年5月16日から6月1日を令和3年度第1期、6月2日から6月20日を令和3年度第2期として、広島県の要請に協力いただいた事業者に「広島県感染症拡大防止協力支援金」が支給されます。

(2)申請期間
令和3年度第1期:令和3年6月2日(水)~6月30日(水)(当日消印有効)
令和3年度第2期:令和3年6月21日(月)~7月20日(火)(当日消印有効)

※要請に基づく広島県の「感染症拡大防止協力支援金」は、各対象期間ごとに申請してください。

(3)対象者

  • 広島県内に所在していること。
  • 飲食店営業許可(「1類」または「3類」、または喫茶店営業許可「1類」)で屋内に常設の飲食スペースを設けていること。
  • 「酒類またはカラオケ設備を提供する飲食店」もしくは「要請前に20時から5時までの間に営業を行っている飲食店(20時以降に閉店していること。)」
  • 申請する日までに「広島積極ガード店」かつ「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」であること。
  • 次の支給要件を満たすこと。


(4)支給要件
1.令和3年度第1期:5/16~6/1

  • すべての日(5/19以降可)において、休業した場合のみ、「休業申請」となります。
  • すべての日において、20時までの時短営業(酒類・カラオケ設備の提供なし)を行った場合、「時間短縮申請」となります。

2.令和3年度第2期:6/2~6/20

  • すべての日において、休業した場合のみ、「休業申請」となります。(第1期と同様)
  • すべての日において、20時までの時短営業(酒類・カラオケ設備の提供なし)を行った場合、時間短縮申請」となります。(第1期と同様)
  • 第2期の期間について、新たに要請に協力する事業者は、休業または時短営業を6月2日(水)から開始する必要があります。

期間の全日、酒類・カラオケ設備の提供を行わないこと(20時までであっても)が要件となります。
※1日でも通常営業(20時以降の閉店)を行った場合には支給できません。
※酒類またはカラオケ設備の提供を行っていない飲食店の場合、要請前に20時以降に閉店していることが必須要件となります。
※20時より早い閉店の飲食店の場合、酒類またはカラオケ設備の提供が必須要件となります。
※時短営業とは、通常営業時間が20時以降であった飲食店が、5時から20時までの間に営業時間を短縮し,酒類の提供は11時から19時までとすること。

【ご注意ください!】
☆通常の営業時間と、休業や時短営業を実施することを広島県が確認するための資料が必要です。
・通常は20時以降も営業しているが、この度の休業要請に基づき、休業等の対応を行う期間等を記載したポスター・チラシを事業所の入口に掲示し、写真に残してください
この写真が広島県への協力金申請時に必要となります。

・掲示するチラシについては、広島県が作成した以下のデータを参考としてください。
休業チラシ(6/2~6/20)【広島県作成参考データ】
時短チラシ(6/2~6/20)【広島県作成参考データ】

※あくまでも参考データです。同内容であれば、様式は問いません。

(5)「広島積極ガード店」かつ「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」について
感染症に関する対策を実施することについて、広島県に以下の登録を行うことが対象要件となっています。
各登録については、庄原商工会議所・備北商工会・東城町商工会で支援をしています
庄原市役所商工観光課または各支所産業建設係(東城支所は産業振興係)でも支援いたします。

・「広島積極ガード店」
業種別に定められた新型コロナウイルス感染症ガイドラインを遵守することを軸に、行政からの要請・指示に協力することと併せて誓約します。
事業所の概要を登録し、誓約事項を確認することで申請できます。
【広島積極ガード店について詳しくはこちら】
登録は、電子申請かFAX等による紙での申請も可能です。
【電子申請はこちらから】

・「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」
広島県が作成した感染を防止する対策シートの内、事業所の実情に合った取り組みを行うことを宣言することが求められます。
事業所の概要を登録し、実際に取り組む内容をチェックすることで申請できます。
【新型コロナウイルス感染症対策取組宣言について詳しくはこちら】
登録は、電子申請で行います。
【電子申請はこちらから】

(6)問い合わせ先
詳しい内容については、広島県ホームページ、または広島県協力支援金センター(082-248-6851:平日の9時半から12時、13時から17時まで【月・水・金は20時まで問い合わせが可能です。】)にお問い合わせください。
ご不明な点等ございましたら、庄原市商工観光課、または各支所産業建設係(東城支所は産業振興係)でも相談を受け付けています。

広島県ホームページへのリンク

2.大規模施設事業者の皆様へ

要請内容
期間:5月16日(日)~6月1日(火)(第1期)、6月2日(水)~6月20日(日)(第2期)
内容:営業時間の短縮等【施設により要請内容が異なります。】

詳しい内容については広島県ホームページをご覧ください。
広島県ホームページへのリンク

協力支援金について
要請に協力した事業者に対し、協力支援金が支給されます。
「大規模施設等協力金」の内容については、広島県大規模施設等協力金センター事務局(082-225-8516)にお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ先
庄原市企画振興部商工観光課商工振興係
電話番号:0824-73-1178

※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。

商工観光課
お問い合わせ
商工振興係:商・鉱工業振興、まちなか活性化、企業誘致、工業団地など
電話:0824-73-1178
観光振興係:観光振興、観光交流施設、自然公園、交流人口の拡大、国営公園の利活用など
電話:0824-73-1179