文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

第一三共社のワクチンについて

第一三共社のワクチン接種について


新たに第一三共社の「オミクロン株(XBB.1.5)対応ワクチン」(国内生産)が薬事承認され、12歳以上の令和5年秋開始接種(3~7回目)に使用することができるようになりました。



対象者

初回接種(1回目、2回目接種)が終了した12歳以上の方

※令和5年秋開始接種(令和5年9月20日~)ですでに追加接種(3~7回目)を受けている場合は接種できません。



接種体制

第一三共社のワクチンは、供給量が限定されていることや、他社のワクチンの在庫が多数あること、すでに令和6年1月の接種予約を開始している(他社のワクチン)ことから、庄原市医師会と協議し、市では一部の医療機関で接種を開始します。



副反応について

第一三共社のワクチンによる副反応は以下のとおりです。

発現割合 12歳以上
50%以上 疼痛(注射部位の痛み)、倦怠感
1~50% 熱感、腫脹、紅斑、そう庠感、硬結、頭痛、筋肉痛、発熱、遅発性反応、リンパ節症、発疹、腋窩痛



わかりやすい資料

オミクロン株(XBB.1.5)に対応したワクチンの接種について.pdf(厚生労働省)
第一三共社の新型コロナワクチン予防接種についての説明書.pdf(厚生労働省)




※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。