文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

新型コロナウイルス感染拡大に関するコメント(4月13日)

広島県においては、先週末、外出自粛要請が出される中、三次市では、新型コロナウイルス感染症で、県内初のクラスターが発生したと発表されました。
庄原市と三次市は、職場や学校など一体的な生活圏として形成され、市民同士の交流も活発に行われており、今回、感染症患者が多数確認されたことを強い危機感をもって受け止めております。
そのため、市内での感染を防止するため、市内で発生したものと同様の感染防止対策を執ることといたしました。

まず、市内26の小中学校を4月14日(火)から5月6日(水)まで臨時休業とするとともに、公共施設については、当面の間、一部の施設について、一般利用を中止する決定をしました。
また、市主催のイベント等は、当面の間、中止または延期とし、市が共催および他の団体等が主催されるイベント等についても、市の方針を踏まえ、中止または延期をお願いするものです。
市民の皆さん、関係者の皆さんには、ご迷惑をおかけすることとなりますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

ここで、私から改めて市民の皆さんにお願いします。
日常生活において、『密閉、密集、密接』が重なる状況を徹底して避けていただくとともに、咳や発熱など、風邪の症状があるときは仕事を休み、外出を控えてください。
また、緊急事態宣言の対象となっている都府県や、国内外で感染が確認されている地域への不要不急な往来は、厳に自粛していただくよう強くお願いします。

今後におきましても、市民の皆さんの健康と生命を守るため、広島県や三次市など関係機関と連携し、感染の防止に全力で取り組んでまいりますので、市民の皆さんにおかれましては、正確な情報に基づいた冷静な対応とともに、一層のご理解、ご協力をお願いいたします。

令和2年4月13日

庄原市長 木山耕三

※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。