文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

経営所得安定対策

平成31年度(令和元年度)経営所得安定対策について

制度の概要

<水田活用の直接支払交付金>

交付対象者

販売目的で対象作物を生産する販売農家・集落営農

次の要件を達成する必要があります。

麦,大豆,飼料用米,米粉用米,
加工用米
実需者と出荷販売契約を取り交わし保存すること
収穫・販売を行うこと
飼料作物,WCS用稲 畜産農家と利用供給協定を取り交わし保存すること
収穫・利用を行うこと

※新規需要米(飼料用米、米粉用米、WCS用稲等)は取り組み計画を申請し認定を受ける必要があります。

交付金単価

対象作物 交付単価(10a当たり)
全国
一律
戦略
作物
(★A)
麦・大豆・飼料作物 35,000円
WCS用稲 80,000円
加工用米 20,000円
米粉用米,飼料用米 収量に応じ
55,000~105,000円

<産地交付金(県・地域段階による加算措置)>

単価については、国・県との協議により変更となる場合があります。

作物 要件
収穫・販売する作物 収穫・販売を行うこと(販売伝票等で確認)


交付単価

【県協議会設定】

作物等 単価(10a当たり)
基礎助成 園芸作物
★1
キャベツ、アスパラガス、ほうれんそう、ねぎ、わけぎ、トマト、こまつな、ちんげんさい、しゅんぎく、みずな、きく、ぶどう、いちじく、レモン 12,000円程度
加工用米
★2
1.出荷契約または実需者等との販売契約が複数年による契約の取組
2.指定品種の作付
(中生新千本、アキヒカリ、あきさかり、あきろまん、こいもみじ、恋の予感)
10,800円程度
加算措置 担い手 ※1 園芸作物(★1の作物) 9,600円程度
加工用米、飼料作物(WCS用稲、飼料用米を除く)、米粉用米
加工用米は基礎助成加工用米(★2)と同様に1、2の要件を満たすもの
加工用米
9,200円程度
飼料作物、米粉用米
4,400円程度
麦・大豆・WCS用稲・飼料用米
【麦・大豆】
「土壌改良技術」、「病害虫防除・除草」、「営農排水」の3つのメニューから2つ以上を実施
技術メニュー例(麦、大豆共通)
技術メニュー例麦、大豆共通)
【WCS用稲・飼料用米】
1ha以上の作付けまたは、指定品種の作付(たちすずか、たちあやか、つきすずか)
【飼料用米】
単収が地域の基準単収以上の取組(生もみを直接利用し、80,000円/10aが交付される場合を含む)
7,600円程度
新たに農地集積した担い手支援(※2の要件あり)
H31年産からの作付のために新たに水田を集積した担い手が、対象作物の作付を行った場合
《対象作物》
戦略作物(上記★A)(ただし加工用米は★2と同様に1、2の要件を満たすもの)
園芸作物(★1の作物)
6,000円程度
飼料用米、米粉用米の多収性品種(※3)の取組 12,000円以内
そば、なたね
農協等と実需者等との間で締結された販売契約に基づく農協等との出荷契約または実需者等との販売
20,000円以内
特別措置 WCS用稲(TMRセンターを介した堆肥投入取組支援)
TMRセンターへ供給するWCS用稲を栽培したほ場へ、TMRセンターが指定する堆肥センターまたは畜産農家の堆肥を投入した場合
8,000円程度
農地中間管理事業促進支援(※4の要件あり)
平成30年9月1日~平成31年8月31日までの間に、農地中間管理機構から水田の転貸を受けた者がH31年産において対象作物の作付けを行っている場合
《対象作物》戦略作物(上記★A) (ただし加工用米は★2と同様に1、2の要件を満たすもの)、園芸作物(★1)
《対象者》農地中間管理事業活用者
12,000円程度
追加措置 新市場開拓(内外の新市場の開拓を図る米穀の作付)
(国内用主食用米・加工用米・備蓄米・飼料用米・米粉用米・醸造用玄米・種子用を除く)
20,000円以内
水田の畑地化(交付対象水田から除外すること)
1. H30年度主食用米、戦略作物、産地交付金対象作物が作付された水田
2. H31年度以降、5年間は水稲を除く作物作付を行う
3. 本交付金支払対象水田を含め概ね5ha以上の団地化
105,000円以内

1.担い手加算の対象となるのは、認定農業者、集落法人、認定就農者(認定新規就農者を含む)、農業参入企業、集落営農(組織の規約、対象作物の共同販売経理の実施が要件となります)
※2.対象作物は必ずしも新たに集積した水田へ作付する必要はありません。対象面積は、新たに農地集積した、水田水張合計面積と対象作物作付面積の合計面積のうち小さい面積を上限とします。
※3.需要に応じた米の生産・販売の推進に関する要領別紙1第4の3に規定する品種(国指定:25品種、知事特認:中生新千本、ホウレイ)
※4.対象作物は必ずしも新たに集積した水田へ作付する必要はありません。対象面積は、農地中間管理機構から借り受けた、水田水張合計面積と対象作物作付面積の合計面積のうち小さい面積を上限とします。



【市協議会設定】

作物等 単価(10a当たり)
振興品目助成 上記の園芸作物(★1)に加算して交付(市内全域で対象)
ほうれんそう、アスパラガス、トマト、青ねぎ、きく、だいこん
(だいこんはさらに12,000円/10a程度加算)
5,300円程度
推進品目助成 いちご、かぼちゃ、きゅうり、こんにゃく、さといも、スイートコーン、たまねぎ、なす、にんじん、はくさい、にんにく、ばれいしょ、ピーマン、ブロッコリー、やまいも、りんどう、かんしょ、広島菜、小豆 6,400円程度
エゴマ生産振興助成 エゴマ 11,400円程度
地産地消推進作物助成 産直市、市内商店、学校給食に出荷・販売を目的とする作物
(上記の園芸作物(★1)、振興品目助成、推進品目助成、エゴマ生産振興助成以外の作物)
6,400円程度
担い手WCS用稲
面積拡大助成
WCS用稲(担い手が取り組む場合に限り、前年からの増加面積を対象) 5,000円程度
耕畜連携助成 飼料用米のわら利用、水田放牧、資源循環 13,000円程度
二毛作助成 水田における主食用米と対象作物、または対象作物同士の組み合わせによる二毛作
《対象作物》戦略作物(上記★A)、そば、なたね
12,000円程度

○産地交付金は全体の実績面積が確定した段階で単価を調整します。

○果樹等の永年性作物については、交付対象期間が設けられています。

○通常の管理等を行ったことは、作業日誌等により確認します。
必ず各自で記入し保管してください。

【留意事項】
・出荷・販売等の実績報告
対象作物ごとに当年産の出荷・販売契約書の写し、販売伝票の写し等のうち1つを提出することになります。

<畑作物の直接支払交付金>

交付対象者

麦・大豆・そば・なたねを生産する認定農業者、集落営農、認定新規就農者

支払方法

数量払を基本とし、面積払(営農継続支払)は数量払いの内金として先払いをすることができるものとしています。

<数量払>

交付対象数量

麦・大豆・そば・なたねの当年産の出荷・販売数量(種子用・黒大豆は対象外)
等級、品質によって単価が異なります。
※営農継続支払を受けた方は,営農継続支払分を差し引いて支払います。

小麦 4,870~6,740円/60kg 大豆
(黒大豆除く)
8,570~9,940円/60kg
小麦
(パン・中華麺用品種)
7,170~9,040円/60kg そば 15,630~17,470円/45kg
二条大麦 4,090~5,550円/50kg なたね 9,200~9,940円/45kg
六条大麦 4,410~6,030円/50kg
はだか麦 6,350~8,650円/60kg


<営農継続支払>

交付対象面積
当年産の作付面積に基づき支払います。

交付単価
20,000円/10a
そばについては13,000円/10a


制度の内容等のお問い合わせにつきましては、下記お問い合わせ先までお願いします。

庄原市役所 庄原市農業再生協議会事務局
(庄原市農業振興課内)
TEL 0824-73-1132
西城支所地域振興室 TEL 0824-82-2181
東城支所産業建設室 TEL 08477-2-5008
口和支所地域振興室 TEL 0824-87-2113
高野支所地域振興室 TEL 0824-86-2113
比和支所地域振興室 TEL 0824-86-3003
総領支所地域振興室 TEL 0824-88-3065
JA庄原 庄原営農センター TEL 0824-72-1144
東部営農センター TEL 08477 -3-2031
北部営農センター TEL 0824-86-2213
上下営農センター(総領) TEL 0847-62-3972

なお、農林水産省のホームページに詳しい情報が掲載されています。

※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。

農業振興課
お問い合わせ
農業振興係:農業・山村振興地域の整備、中山間地域等直接支払制度、農村都市交流、農業制度資金、経営所得安定対策、農業の振興、地域特産物、農業の担い手育成、集落法人の育成など
電話:0824-73-1131
畜産振興係:畜産の振興、資源循環型農業の推進、家畜の防疫、畜産の担い手育成など
電話:0824-73-1227