文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

庄原市まちづくり応援補助金

庄原市まちづくり基本条例にもとづき、参画と協働による市民が主役のまちづくりを推進するとともに、まちづくり活動に対する機運の醸成、啓発を図るため、市民団体の公益的なまちづくり活動に対して補助金を交付します。

補助対象団体

補助金を交付するにあたり、以下の項目全てに該当する団体が対象となります。

  • 活動拠点があり、市内で活動をする団体(行う予定のある団体を含みます)
  • 市内に在住・勤務・在学する者5人以上で構成されていること。
  • 庄原市市民活動団体登録制度に登録している団体(申請と同時に登録できます)。
補助対象となる事業

対象となる事業は、自由な発想やアイデアを大切にしながら特色のある活動で、次の項目全てに該当するもの

  • 公益性を有すること(社会一般のためになる公共の利益の活動で、不特定多数への参加機会が開かれているもの)
  • 団体の設立目的や理想を実現するために、新しく始める事業や発展的な取り組みとして実施する事業
  • 市内で実施する事業、または市内に事業効果を広めることができる事業

補助金の内容

補助金の内容については次のとおりです

市民活動団体 学生を中心に構成する団体
(構成員の7割以上が学生である団体)
1団体あたりの補助金の額 補助対象経費から当該事業に係る収入を差し引いたものの4/5以内で、上限100万円 補助対象経費から当該事業に係る収入を差し引いたもので、上限30万円
補助制限 同一年度内において1団体につき1回限り
補助対象経費 報償費、旅費、消耗品費、印刷製本費、役務費、使用料・賃借料、委託料、備品購入費、その他市長が認める経費
※備品購入費、委託料については補助対象経費の1/2以内とする
補助の対象にならないもの 申請団体の事務所等を設置・維持・管理するための経費、経常的な活動に要する経費、構成員による会合の飲食費・人件費・謝礼等、その他市長が適当でないと認める経費
令和元年度の申請書提出期限

令和元年5月31日(金)まで
*補助事業の採択候補の選定は、申請内容に基づき、審査会を開きます。 審査会は6月中旬を予定し、事業の実施は原則、採択の決定を受けた後となります。

事業報告会について

補助金の採択を受けた市民活動団体は、次年度、市が開催する事業報告会にて、採択された事業の実施状況や団体の普段の活動について、発表をしていただきます。実施については広く周知し、公開で実施する予定です。

詳細な申請の仕方などのご相談は、下記の自治振興係(0824-73-1209)へご連絡ください。

様式・チラシのデータ
平成31年度まちづくり応援補助金チラシ[PDF:407KB]
まちづくり応援補助金申請様式[DOC:114KB]

※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。

自治定住課
お問い合わせ
自治振興係:住民自治の推進、コミュニティ振興、地縁団体、自治振興区、集会所の整備など
電話:0824-73-1209
メール:jichi@city.shobara.lg.jp

定住推進係:転入定住施策、定住自立圏構想など
電話:0824-73-1257
メール:teiju@city.shobara.lg.jp