文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

告知端末設置に関する質問と回答

1.初期費用は最大・最小でいくらかかりますか?
⇒ご利用環境により、工事内容・工事費は異なりますが、基本的には「インターネットとひかり電話」を利用される場合は22,800円、「インターネットのみ」を利用される場合は18,800円となります。いずれも、庄原市に住民票がある方、事務所等をお持ちの方で、住民告知端末を設置される場合は、初回は市が費用負担しますので、初期費用は無料(令和2年3月31日までに申請の方)となります。
なお、告知端末を複数台設置や屋内配線を延長される場合等は、別途住民の方の費用負担となりますので、あらかじめご了承ください。

2.途中解約および一時停止で金額はいくらかかりますか?
⇒一時停止という設定はフレッツ光にはありません。途中解約された場合、NTT側の違約金等は発生しませんが、インターネットをされている方は、プロバイダ側で違約金が発生する場合があります。詳しくは、契約されたプロバイダへお問い合わせください。

3.途中解約しても屋内配線は残せますか?
⇒ 引込部分までは撤去されますが、屋内配線(壁の中を通されているもの等)は基本的には残すこととなります。(ホームゲートウエイとそこまでの配線は、NTTの資産となります。撤去して欲しいという申し出がなければ、光ファイバーの配線はそのまま残置となります。)

4.ホームゲートウエイまでの工事は要望どおりにしてもらえるのでしょうか?
(現在の配線は全て壁の中を通してあります。)
⇒ご指定の場所に設置させていただきます。壁の中に配線されているとのことですが、例えば壁の中にケーブルを通す配管がある場合はその管を利用して配線します。ただし、管が無い場合は、壁の外に露出する形で配線することとなります。
配管等の新設増設をご希望される場合はご利用者自身(負担)でご用意いただくことになります。
なお、ホームゲートウエイの設置場所は、告知端末や電話機を置かれる場所に近いところに設置させていただくのが望ましいと思われます。
また、借家の場合は、次に入居される方も基本的には同じ場所に設置させていただくようになると想定されますので、考慮して決定いただきますようお願いいたします。

5.現在、ひかり電話のみ2,000円/月・インターネットとひかり電話4,260円/月・インターネットのみ4,210円/月と設定されていますが、今後の人口および世帯数が減少した場合、基本料・使用料が高くなりますか?
⇒市とNTTが相対契約により決定している料金であり、原則高くなることはありません。

6.現在、固定電話と携帯電話を使用している世帯で、跡取り等のいない世帯の設置メリット・デメリットは?
⇒告知端末は無料で使用することができ、市からの緊急放送や自治会からのお知らせ等、生活に必要な情報を入手することができるようになります。
また、市内の告知端末設置の世帯同士であれば、通話料が無料となることから、今までにないメリットの部分は十分あると考えます。
さらに、光回線を利用して、Wi-Fiで携帯通信端末をネットに接続すれば、より高速な通信が可能となり、パケット代を節約することも可能です。
以上が主なメリットですが、インターネットを利用されれば、テレビに接続して、地デジや海外ドラマ等、さまざまな映像サービスを受けることもできますので、光回線ならではの活用の方法を知っていただければ、他にもメリットが出てくる可能性があります。
デメリットを強いてあげるなら、現行の電話回線月額基本料金が高くなってしまう(400円または550円)点があります。

7.ヤフーBBフォンに加入しているが、光電話・インターネットを利用するには解約する必要があるのか? 引き続き利用できるのか?
⇒光BBユニットをご用意いただければ、ヤフーBBフォン(050電話)を引き続き利用いただけると思われます。なお、光BBユニット(050電話用のVOIPアダプター)の各機器(ホームゲートウェイ、電話機等)への接続はご自身で実施していただくこととなります。
また、インターネットの利用についても、ヤフーBBをそのままご利用いただくことが可能ですが、ご自身で、光回線に変更することをソフトバンク様へご連絡いただきますよう、お願いいたします。詳しくはソフトバンク様へお問い合わせください。

8.auの携帯電話とインターネットのセット割引を利用している。光でインターネットを利用するためには、セット割引の契約を解約し、インターネットはインターネットで契約し携帯電話は携帯電話で契約することとなるのか?
⇒携帯電話会社様が提供されているサービスとのセットプランは用意されていません。したがって、携帯電話とは別々のご契約となりますのであらかじめご了承ください。

9.NTT関連が提供しているプロバイダに加入すれば割安となるのか?
⇒プロバイダによっては、月額利用料金の割引等の特典がある場合があります。NTTに個別にご質問いただければ、答えられる範囲でお答えいたします。

10.停電時の使用はできるのか?
⇒ホームゲートウエイ・告知端末とも100V電源がいるため、停電時には使用できなくなります。このため、市では告知システムの確認機能を活用し、停電等により信号が届いていない地域に対し、重点的に広報車等で広報を行うこととしています。

11.料金の年払いはできるか?
⇒年払いは設定していません。これまでのとおり毎月請求となります。

12. 請求書は今までどおりか?
⇒お客様のお支払方法によって異なりますが、「クレジットカード」「口座振替(ご案内の郵送なし)」にてお支払いいただいた場合は、請求書は送付されません。コンビニエンスストア・金融機関等の窓口で「料金請求書」によりお支払いいただく場合は、1通ごとに150円/月、書面での「口座振替のご案内」の郵送をご利用の場合は1通ごとに100円/月が別途必要になります。

13. 企業(事業所等)も同じ申込書で申し込みをすればよいか?
⇒同じ申請書で申請していただきます。なお、事業所等については複数チャンネルの契約をされているなど、一般家庭に比べ複雑な接続となりますのでNTTへご相談をお願いします。
(お問い合わせ先)
【窓口】NTTビジネスソリューションズ中国支店広島第二ビジネス営業部ビジネス推進部門ビジネス推進担当
【受付電話番号】0800-200-1944

14. ホームゲートウエイ、無線LANカードは買い取りか?
⇒買い取りではりません。それぞれNTTの備品として貸し出すこととなります。(ホームゲートウェイ:無料、無線LANカード:月額100円)

15. 設置年数が経つと割引等で料金が安くなるのか?
⇒長期に利用していただくことによる料金割引はありません。

16. 告知端末が故障したときは誰が負担して直すのか?
⇒告知端末は市の備品であり通常の使用の範囲で故障した場合は、市の負担で修繕もしくは交換させていただきます。NTTが設置するホームゲートウエイも同様です。

17. コードレス電話の飛び方は変わるのか?
⇒告知端末設置による影響はありませんので、現在と同様です。

18. 市の資料と、NTTの資料に料金の相違があるのはなぜか?
⇒市の資料は、基本料金+プロバイダ料を含んでいます。NTTの資料は基本料金に無線LANカードのレンタル料月額100円がプラスされています。
また、ADSLの月額利用料金はNTTの資料は、各種割引サービス(マイラインプラス+あっと割引)を適用した場合の金額となっています。

19. NTTの資料では電話サービスの利用料が、ひかり電話は2,000円、ひかり電話+インターネットは500円となっているが、双方、最低ラインの500円にしないといけないのではないか?
⇒電話のみプランの2,000円には、告知端末をご利用いただくための機能部分が含まれておりますので、インターネット利用プランにおける、電話サービスの500円と単純な比較は出来ません。インターネット利用プランのほうは、3,760円に、告知放送端末をご利用いただくための機能部分が含まれております。

20. ガス検針は今後どのようにすればいいのか?
⇒光ファイバーの引き込み工事日が決まりましたら、ガス会社に工事日と光の回線に変わる旨をお知らせください。

21. 1世帯に2回線がある場合、告知端末を2台設置できるのか?また、費用負担はどうなるのか?
⇒1世帯に光を2回線引き込み(光2回線分の契約を申込む)、2回線ともに告知端末を設置いただく場合は、2回線とも市が設置費用を負担します。
なお、告知端末が2台必要ない場合は、光を1回線だけ引き込み(光1回線分の契約申込み)、告知端末を1台設置し、NTTのひかり電話とオプションサービスの「複数チャンネル(月額200円)」と「追加番号(月額100円/番号ごと)」をお申込みされることで、これまでと同様、電話番号を2つ同時利用(同時に2回線分の電話ができる)いただく方法もあります。ただし、告知端末に接続している電話機しか域内無料電話は利用できません。
この場合、告知端末に接続しない2台目の電話機が、配線ルートの関係上などで既設の屋内配線が利用できないときの工事費用は利用者負担となります。

22. 市外に住んでいるが、市内の実家に告知端末を設置しようと思っている。申請書の書き方は?自治会名は記入するのか?
⇒実家に居住されている人がおられれば、申請者の欄には、実際に告知端末を使用される方の名前等を記入してください。誰も居住されていない場合は申請しようとされる方の現住所等を記入してください。
また、自治会に加入されている場合は自治会名を記入してください。

23. ISDNを使っている。1回線で2つの番号を使っているが、光でも同じようにできるか?
⇒NTTのひかり電話は、光1回線で2ch5番号まで使用いただけます。その際には別途、追加番号(月額100円/番号)および移行工事費(3,000円/番号)が必要となります。

24. 将来、引越しをするときは、どうなるのか?
⇒市内で転居される場合は、市へ届出書類を提出のうえ告知端末等を持って移動してもらうこととなります。
なお、転居先での告知端末の設置経費および、NTTの工事費は個人負担となります。
市外へ転出される場合は、市へ届出書類を提出のうえ告知端末等を返却していただきます。

25. 現在、固定電話をNTT以外と契約しているが、どうすればいいのか?
⇒申請をされた後に、NTTから個別に連絡させていただき、そのときに詳しく説明しながら手続きを進めます。

26. 光の契約をせず、現状の電話契約を続けた場合、今と比べて不都合があるのか?
⇒市や自治振興区、自治会からの放送や、緊急時の放送等を聞いていただくことができません。
なお、市内にお住まいの方同士の無料通話をご利用いただくことが出来ません。

27. 今は固定電話に加入していないが、今回に合わせて新規に加入することができるか?
⇒可能です。ただし、電話機は個人で準備していただくことになります。

28. 申し込みは、世帯主名の方がいいのか?
⇒特に限定はしていません。

29. 域内無料電話で、184特番(発信側で着信側に電話番号を通知しないよう設定する機能)は利用できるか?
⇒域内無料電話では184の特番は使えません。184特番(非通知設定)ご利用の際は、相手先の電話番号の前に80を付けずにご利用ください。

30. 現在2回線使用中だが、ひとつのホームゲートウエイで対応できないのか?
⇒今回整備するホームゲートウエイでは、2回線(2ch)を接続することが可能です。その場合には、1回線目の初期設定費については市の負担対象となりますが、2回線目について初期設定で番号移行2,000円・番号休止1,000円、計3,000円の工事費をご利用者自身でご負担いただくことになります。また、月々の使用料として番号追加100円・2ch使用200円、計300円が必要となります。※税別料金

31.現在、固定電話しか使用していないが、将来的にインターネットも利用するよう変更した場合初期設定費用はどうなるのか?
⇒ひかり電話のみからインターネットを追加するという追加工事をさせていただくこととなります。NTTの局舎内のみの工事となり、工事費は2,000円となります。

32. ページング放送は、放送する側から告知端末に録音するように設定できるのか?
⇒放送する側で設定することができます。

33.初期費用の市の負担はいつまで負担してもらえるのか?
⇒令和元年9月末(市内全域のサービス開始日から1年を経過する日)までに申請をされた方は、初期費用を市が負担します。
なお、この期間を経過した後であっても、転入などで新たな世帯が発生した場合は、通信回線の申し込みと同時に住民告知端末の使用申請をされた場合は、初期費用を市が負担します。

34.告知端末に外部スピーカーを接続したいがどうすればよいのか。
⇒住民告知端末の外部スピーカー端子は、「3.5Øミニジャック、8Ω」です。
アンプ内蔵のスピーカーで上記のジャックが入るものであれば使用可能です。 なお、配線工事などについては、利用者の方の負担となります。お近くの電気店などでご相談ください。

※本ページに記載の料金は税抜きです。消費税が加算されます。
告知端末外部スピーカージャック

告知端末の詳細な仕様については、以下のOKI社のページを確認してください。 http://www.oki.com/jp/public/voip/spec.html

◆インターネット・電話に関するお問い合わせ先
NTT西日本中国コンサルティングセンター
電話0800-200-3499(年末年始を除く9時~17時)

◆告知端末・申請書の書き方などに関するお問い合わせ先
管財課情報政策係: 電話 0824-73-1113
行政管理課広報統計係: 電話 0824-73-1159

※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。

庄原市告知放送
お問い合わせ
光回線の工事などに関する問い合わせ
総務部管財課情報政策係電話:0824-73-1113

告知放送などに関する問い合わせ
総務部行政管理課広報統計係電話:0824-73-1159

申し込みに関する問い合わせは上記どちらの係でも対応します。