文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

こんなときは届出を(国民年金の加入など)

主な届け出

このようなとき 必要なもの等
20歳になったとき (厚生年金、共済組合の加入者は除く)
勤め先を退職したとき (厚生年金や共済組合をやめたとき) 年金手帳勤め先の健康保険をやめた証明書
厚生年金や共済組合に加入している配偶者に扶養されなくなったとき (離婚、死別、収入が増えたときなど) 年金手帳、扶養されなくなった年月日がわかる書類(配偶者の勤め先で作成されます)
任意加入するとき、脱退するとき 年金手帳
年金手帳の再交付を希望するとき 基礎年金番号のわかる書類(納付書等) 身分証明書(運転免許証など)
以前納付猶予していた期間の保険料を追納するとき 年金手帳

※届出の際には印鑑(認印)をご持参ください。

手続き場所

生活福祉部保健医療課国保年金係(1階 3番窓口)

または、各支所地域振興室・市民生活室の市民生活係

問合わせ先

生活福祉部保健医療課国保年金係(電話番号:0824-73-1158)

日本年金機構三次年金事務所(電話番号:0824-62-3107)

※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。

保健医療課
お問い合わせ
【国保年金係】電話:0824-73-1158
国民健康保険に関すること、国民年金の届出・申請など

【医療予防係】電話:0824-73-1155
地域医療、後期高齢者医療制度、福祉医療、原爆被爆者援護、予防接種、献血、厚生労働大臣免許(一部の免許を除く)および県知事免許申請(一部の免許を除く)

【健康推進係】電話:0824-73-1255
健康づくり、母子保健、生活習慣病予防、精神保健、食育推進など