文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

介護保険料を滞納するとどうなるの?

特段の理由無く、保険料の滞納が続く場合、未納期間に応じて下記の措置がとられます。

65歳以上の場合(第1号被保険者)

  • 1年以上滞納した場合

介護保険サービスを利用したとき、一旦利用料の全額を自己負担することとなります。後から申請に基づき、
9割相当分を返還します。(償還払いへの変更)

  • 1年6ヶ月間滞納した場合

市から返還される予定の給付費(9割相当分)の一部または全部が一時的に差し止められます。それでも滞納
が続く場合、差し止めた給付費から滞納保険料が差し引かれます。

  • 2年以上滞納した場合

介護保険料を滞納している期間に応じて、本来1割の利用者負担が3割に引き上げられます。また、居住費(
滞在費)・食費の減額や高額介護サービス費が受けられなくなります。

40歳から64歳の場合(第2号被保険者)

  • 要介護認定申請に合わせて、加入している医療保険者と協議します。

※災害などの特別の事情で、一時的に介護保険料を納めることが難しい場合は、保険料の減免や猶予が受
けられる場合もあります。


※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。

※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。

高齢者福祉課
お問い合わせ
高齢者福祉係:高齢者の在宅福祉、高齢者生きがい対策、高齢者の地域生活支援など
電話:0824-73-1165
地域包括支援センター係:地域包括支援センター事業、地域ケア(個別、日常生活圏域)会議、在宅医療・介護連携推進事業など
電話:0824-73-1165
介護保険係:介護保険事業、要介護認定、介護保険の給付など
電話:0824-73-1167
FAX番号
高齢者福祉課:0824-75-0245