文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

どんな介護サービスがあるの?

介護保険サービスには、自宅などの生活の場を利用したり、施設に通って利用できる在宅サービス、施設サービスがあります。他にも、手すり等の取り付けや福祉用具等を貸与するサービス、認知症をはじめ、高齢者の方が住み慣れた地位で暮らし続けることができる地域密着型サービスがあります。

要支援1・2の方が利用できるサービス

介護予防サービス
  • 施設に通ったり、宿泊して利用するサービス
介護予防通所介護
(デイサービス)
介護予防を目的として、デイサービスセンター等に通い、入浴、排せつ等の介護や運動機能の向上訓練などを受けます。
介護予防通所リハビリテーション 介護予防を目的として、介護老人保健施設等で、リハビリテーション(機能回復訓練)を受けます。
介護予防短期入所生活介護
(ショートステイ)
短期間、介護老人福祉施設などに入所して、介護予防を目的とした入浴、排せつ、食事等の介護や機能訓練などを受けます。
介護予防短期入所療養介護
(医療型ショートステイ)
短期間、介護老人保健施設などに入所して、介護予防を目的とした看護・介護や機能訓練などを受けます。

  • 施設に入居して利用する居宅サービス
介護予防特定施設入居者生活介護 指定を受けた有料老人ホームなどに入居している方が、介護予防を目的とした入浴、排せつ、食事等の介護や機能訓練および療養上の世話を受けます。

  • 居宅で利用するサービス
介護予防訪問介護
(ホームヘルプサービス)
ホームヘルパーが自宅を訪問して、介護予防を目的とした入浴、排せつ、食事、その他日常生活上の支援を行います。
介護予防訪問入浴介護 浴槽を積んだ入浴車が自宅を訪問し、介護予防を目的とした入浴の介助などを行います。
介護予防訪問看護 看護師などが自宅を訪問し、主治医の指示により、介護予防を目的とした療養上の世話または必要な診療の補助を行います。
介護予防訪問リハビリテーション 専門職が自宅を訪問して、主治医の指示により介護予防を目的としたリハビリテーションなどを行います。
介護予防居宅療養管理指導 医師、歯科医師、薬剤師などが自宅を訪問して、介護予防を目的とした、療養上の管理や指導を行います。

  • 居宅での生活環境を整えるサービス
介護予防福祉用具貸与 貸出料の1割または2割を負担して、介護予防に役立つ福祉用具を一定期間借りられます。
※身体状況によっては、借りることのできない用具もあります。
特定介護予防福祉用具購入費の支給 排せつや入浴など貸与になじまない福祉用具の中で、介護予防に役立つ福祉用具の購入ができます。
住宅改修費の支給 住み慣れた自宅で安心して暮らすために、改修費用を支給します。
費用の1割または2割で改修ができます。

※改修時に住んでいる住宅につき1人20万円を限度額とし、原則1回限りの支給となります。
※工事を始める前に、必ず、市の承認を受けてから着工してください。

要介護1~5の方が利用できるサービス

居宅サービス
  • 施設に通ったり、宿泊して利用するサービス
通所介護
(デイサービス)
日帰りでデイサービスセンター等に通い、入浴、食事の提供や機能訓練などを受けます。
通所リハビリテーション
(デイケア)
医療機関や介護老人保健施設等に通い、日帰りでリハビリテーションを受けます。
短期入所生活介護
(ショートステイ)
短期間、介護老人福祉施設などに入所して、入浴、排せつ、食事等の介護や機能訓練などを受けます。
短期入所療養介護
(医療型ショートステイ)
短期間、介護老人保健施設などに入所、または日帰りを利用して、医学的管理のもとでの看護・介護や機能訓練などを受けます。

  • 施設に入居して利用するサービス
特定施設入居者生活介護 指定を受けた有料老人ホームなどに入居している方が、入浴、排せつ、食事等の介護や機能訓練および療養上の世話を受けます。

  • 居宅で利用するサービス
訪問介護
(ホームヘルプサービス)
ホームヘルパーが自宅を訪問して、身体介護や生活援助を行います。
訪問入浴介護 浴槽を積んだ入浴車が自宅を訪問し、入浴の介助などを行います。
訪問看護 看護師などが自宅を訪問し、主治医の指示により病状の観察など、療養上の世話を行います。
訪問リハビリテーション 理学療法士・作業療法士が自宅を訪問して、主治医の指示によりリハビリテーションなどを行います。
居宅療養管理指導 医師、歯科医師、薬剤師などが自宅を訪問して、療養上の管理や指導を行います。

  • 居宅での生活環境を支えるサービス
福祉用具貸与 貸出料の1割または2割を負担して、12種類の福祉用具を借りることが出来ます。

・車いす・床ずれ防止用具・歩行器・車いす付属品・体位変換器・歩行補助杖・特殊寝台・手すり・認知症老人徘徊感知機器・特殊寝台付属品・スロープ・移動用リフト

※要介護1の場合は、利用できない場合があります。
特定福祉用具購入費の支給 排せつや入浴など貸与になじまない5種類の福祉用具の購入ができます。

・腰掛便座・特殊尿器・入浴補助用具・簡易浴槽・移動用リフトのつり具の部分

※同一年(4月から翌年3月まで)につき、10万円を限度額とします。
住宅改修費の支給 住み慣れた自宅で安心して暮らすために、改修費用を支給します。
費用の1割または2割で改修が出来ます。

※改修時に住んでいる住宅につき1人20万円を限度額とし、原則1回限りの支給となります。
※工事を始める前に、必ず市の認定を受けてから住宅改修を行ってください。

上記の貸与や購入等のサービスを利用される場合は、必ず、ケアマネジャー等に相談してください。

  • 施設サービス

施設サービスは、以下の3つの種類の施設があり、この中から利用者の心身の状態に応じて選ぶことができます。
ご利用される場合は、利用者の方が直接申し込んで施設と契約を結びます。

介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)
常に介護が必要で、自宅での介護が難しい方が入所して、日常生活の介助などを受けます。
介護老人保健施設
病状が安定し、リハビリテーションに重点を置いたケアを必要とする方が入所して、医学的な管理のもとで介護や機能訓練などを受けます。
介護療養型医療施設 病状が安定し、長期間の療養が必要な方が入所して、医療や看護または介護などを受けます。

  • 地域密着型サービス

認知症の方をはじめ、高齢者が可能な限り住み慣れた自宅または地域で生活を継続できるように、身近な市町で
提供されるサービスです。庄原市には以下の施設があります。

認知症対応型通所介護
(介護予防含む)
認知症の高齢者が日帰りでデイサービスセンターなどに通い、リハビリテーションなどを受けます。
小規模多機能型居宅介護
(介護予防含む)
事業所への通いを中心として、利用者の様態や希望などに応じ、随時利用者への訪問や事業所での泊まりを組み合わせて、入浴、排せつ、食事等の介護や機能訓練などを受けます。
認知症対応型共同生活介護
(グループホーム)
(介護予防含む)
※要支援1の方は利用できません
認知症の高齢者が少人数で共同生活をしながら、家庭的な雰囲気の中で介護や機能訓練を受けます。
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
(小規模の特別養護老人ホーム)
常に介護が必要で、自宅での介護が難しい方が入所して、日常生活の介助などを受けます。

(介護予防含む)とあるサービスは要支援の認定を受けた方も利用できます。


※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。

※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。

高齢者福祉課
お問い合わせ
高齢者福祉係:高齢者の在宅福祉、高齢者生きがい対策、高齢者の地域生活支援など
電話:0824-73-1165
地域包括支援センター係:地域包括支援センター事業、地域ケア(個別、日常生活圏域)会議、在宅医療・介護連携推進事業など
電話:0824-73-1165
介護保険係:介護保険事業、要介護認定、介護保険の給付など
電話:0824-73-1167
FAX番号
高齢者福祉課:0824-75-0245