文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

新しい総合事業の概要(要支援1・2の方の訪問介護・通所介護が変わります)

介護保険制度の改正により、庄原市では平成29年4月から、新しい総合事業を開始します。新しい総合事業は、「介護予防・生活支援サービス事業」と、「一般介護予防事業」とで構成され、65歳以上の方の介護予防と日常生活の自立を支援することを目的としています。

介護予防・生活支援サービス事業(要支援1・2の方を対象とした、訪問型サービスと通所型サービス)

<サービスの内容>
介護予防・生活支援サービス事業では、以下のとおり実施します。

1.訪問型サービス
・現行の介護予防訪問介護(ホームヘルプサービス)に相当するサービス
・生活援助を行う、市独自基準の訪問型サービス
2.通所型サービス
・現行の介護予防通所介護(デイサービス)に相当するサービス
・閉じこもり防止等のための、市独自基準の通所型サービス

※現在、要支援1・2の方で介護予防訪問介護、介護予防通所介護を利用している場合は、要支援認定の有効期間の満了までは、現在のサービスを継続して利用できます。
更新後は、順次「新しい総合事業」に移行します。
<対象者>
65歳以上の方のうち、次のどちらかに該当する方が対象となります。
・要介護(要支援)認定で、要支援1、または2の判定を受けた方
・基本チェックリスト※とアセスメント(訪問調査)により、生活機能の低下がみられ、要支援者に相当する状態にあると判断された方

「基本チェックリスト」は、生活機能の状態をチェックするため、全25項目について「はい」、「いいえ」で記入していただく質問表です。

※平成29年1月に市民説明会を開催しました。→市民説明会>資料(2,193KB)

要支援1・2の方は次の介護予防給付はこれまでどおり利用できます


要支援1、または要支援2の方で次の介護予防給付が必要な方は、平成29年4月以降も今と同じサービスを利用できます。

・訪問看護
・福祉用具貸与
・通所リハビリテーション
・住宅改修
・短期入所生活介護(ショートステイ) など

※訪問型サービス、通所型サービス以外のサービス利用を希望される方は、要介護認定・要支援認定申請が必要です。

一般介護予防事業(全ての高齢者を対象とした介護予防事業)


平成29年度から、「一次予防事業(元気づくりセミナー、シルバーリハビリ体操など)」と「二次予防事業(積立預筋クラブ、お達者倶楽部など)」は、効果的な介護予防の取り組みを推進するため、事業内容を見直し「一般介護予防事業」に移行します。

<サービスの内容>
65歳以上の方を年齢や心身の状況等で利用できる事業を区別するのではなく、全ての高齢者を対象に身近な地域で、介護予防に関する教室や介護予防活動の担い手を育成する事業等を実施します。

<対象者>
65歳以上の方と支援のための活動に関わる方

※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。