文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

風しん(三日ばしか)に注意しましょう

現在、関東地方を中心に、風しん(三日ばしか)の患者数が増加しています。風しんはウイルスの飛沫で感染し、発熱や発疹などの症状が現れます。特に妊娠初期に感染すると、生まれてくる赤ちゃんの目、耳、心臓などに障害が起きる恐れがあります。風しんの予防には、予防接種が有効です。次に該当する方は、風しんの予防接種(任意接種)を受けることをご検討ください。
風しんの予防接種が推奨される方
・風しんにかかったことがなく、予防接種を受けたことがない方
・風しんの抗体検査で陽性であると確認できていない方
・30代から50代の男性(ワクチン接種が義務付けられていなかったため抗体価が低い傾向にあります)
・10代後半から40代の女性(特に妊娠を希望する方または妊娠する可能性の高い方)

※詳しい情報については下記のリンク先をご覧ください
広島県感染症・疾病管理センターのホームページへ

※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。

保健医療課
お問い合わせ
【国保年金係】電話:0824-73-1158
国民健康保険に関すること、国民年金の届出・申請など

【医療予防係】電話:0824-73-1155
地域医療、後期高齢者医療制度、福祉医療、原爆被爆者援護、予防接種、献血、厚生労働大臣免許(一部の免許を除く)および県知事免許申請(一部の免許を除く)

【健康推進係】電話:0824-73-1255
健康づくり、母子保健、生活習慣病予防、精神保健、食育推進など