文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

たばこについて考えてみませんか?

たばこ1

たばこが止められない、「なぜ?」

たばこは吸いはじめたら、なかなか止められません。たばこには「ニコチン」が含まれています。ニコチンは、麻薬やヘロイン、コカインなどと同じ依存性があります。ニコチンが切れるとイライラしたり落ち着かなくなり、たばこが吸いたくなります。

庄原市の喫煙の状況

たばこ2
出典:第3次庄原市健康づくり計画

第3次庄原市健康づくり計画策定時のアンケート調査結果では、平成23年度と比較すると、男女とも「たばこを吸う人」の割合が減少しています。

健康への影響

たばこが健康に悪影響を与えることは明らかです。たばこの煙には、約5300種類の化学物質、70種類以上の発がん性物質が含まれています。そのため、肺がんをはじめとする各種がん、脳血管疾患、虚血性心疾患、呼吸器疾患、糖尿病、歯周病その他さまざまな疾患を発症する危険性が高まります。

女性が喫煙すると・・・

たばこは美しさの敵です。たばこに含まれるニコチンは血管を収縮させ、血行を悪くし、顔色を悪くします。たばこを吸うことでビタミンCが消費され、肌荒れやしみ・そばかすになりやすくなります。また、「女性ホルモン」が影響を受けて1~2年閉経が早くなるといわれ、骨粗しょう症にもなりやすくなります。さらに子宮がんの発症率も高くなります。

妊娠中に喫煙すると・・・

妊娠中にたばこの煙を吸ってしまうとニコチン、タール、一酸化炭素をはじめとした有害物質により、お母さんと赤ちゃんに害がおよびます。影響は大きく、早期破水、前置胎盤、胎盤異常、流産、早産、低出生体重児の原因になります。

また喫煙は、赤ちゃんが突然死んでしまう乳幼児突然死症候群(SIDS)の主要因となっています。

「受動喫煙」とは?

禁煙者の近くにいる非喫煙者が自分の意志とは関係なくたばこの煙を吸わされてしまうことを「受動喫煙」といいます。「受動喫煙」によって家族や周囲のさまざまな人の健康にも悪影響をおよぼします。

喫煙者が吸い込む「主流煙」よりもたばこの先端から立ち上がる「副流煙」に含まれる有害物質の濃度のほうが高く、家族内では非喫煙者の肺がん発生率が高くなったり、子どもは気管支炎や肺炎などにかかりやすくなるといわれています。

平成28年4月から、広島県がん対策推進条例により、官公庁施設や医療機関等の不特定・多数の人が集まる場所や学校や公園などの子どもの集まる場所は、禁煙・分煙対策を取る義務があります。また、飲食店では店舗入口の見やすいところへ禁煙分煙状況を表示することが義務付けされています(図1)。受動喫煙を防ぐには、喫煙者の配慮が必要です。

【図1】
たばこ3

加熱式たばこにご注意を

加熱式たばこは、紙巻きたばこに比べて煙や臭いが少ないため、体への害が少ない、受動喫煙は起きないと思っていませんか?

加熱式たばこは紙巻きたばこ同様、たばこの葉を使用したたばこ製品です。紙巻きたばこより害が少ないかのように宣伝されていますが、この宣伝には医学的根拠はありません。また、紙巻きたばこは火をつけないため副流煙は発生しませんが、喫煙者が吐く息には有害物質が含まれており、受動喫煙は起きます。

禁煙に挑戦してみませんか?

たばこを「吸いたい」という気持ちが続くのは、わずか3分といわれています。吸いたい気持ちをコントロールする方法を知っていると、再喫煙の可能性はぐっと減ります。
吸いたい気持ちのかわし方
  • 冷水、水、熱いお茶などを口にする
  • 使わずに済んだたばこ代w貯金する
  • 軽く体を動かす
  • 新しいことに挑戦する
  • 趣味に没頭する
  • 音楽を聴く、大声で歌う
  • 歯を磨く
  • 寝てしまう
  • 家族や友人、同僚などの協力が得られるようにしておく
ただ、禁煙を継続するのは自分1人ではなかなか達成できません。継続が難しい方は、禁煙外来の受診を検討しましょう。

禁煙治療を受けたい方は...

庄原市内には禁煙外来が6か所あります。
健康保険で禁煙外来が受けられる医療機関(庄原市)
医療機関 所在地 TEL
児玉医院 庄原市川北町158-2 0824-72-0147
戸谷医院 庄原市西本町2-15-31 0824-72-3131
林医院 庄原市三日市町272 0824-72-0121
阿多医院 庄原市西城町西城63 0824-82-2619
医療法人社団千手会瀬尾医院 庄原市東城町川東163-7 08477-2-0023
三上クリニック 庄原市東城町東城375-5 08477年2月11日51

病院に通うのは、12週間で5回のみ、禁煙治療は、処方される薬にもよりますが、8~12週間で13000円~20000円程度です。

たばこに関する相談窓口

保健師がたばこに関する相談を受けています。本庁保健医療課または各支所地域振興室・東城支所市民生活室へお問い合わせください。

外部リンク

厚生労働省ホームページ:喫煙と健康問題について簡単に理解したい方のために(Q&A)

広島県医師会ホームページ:禁煙コーナー

厚生労働省ホームページ:最新タバコ情報

広島県ホームページ:なくそう受動喫煙!

※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。

保健医療課
お問い合わせ
【国保年金係】電話:0824-73-1158
国民健康保険に関すること、国民年金の届出・申請など

【医療予防係】電話:0824-73-1155
地域医療、後期高齢者医療制度、福祉医療、原爆被爆者援護、予防接種、献血、厚生労働大臣免許(一部の免許を除く)および県知事免許申請(一部の免許を除く)

【健康推進係】電話:0824-73-1255
健康づくり、母子保健、生活習慣病予防、精神保健、食育推進など