文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

非核・平和に関する取り組み

庄原市非核平和都市宣言
庄原市は、核兵器の廃絶と恒久平和の実現を目指し、平成17年に「庄原市非核平和都市宣言」を策定しています。


庄原市非核平和都市宣言

永遠の世界平和の実現は、人類共通の願いです。

しかし今もなお、世界では地域紛争やテロの頻発など、人間の生命の尊厳を踏みにじる行為が繰り返される中で、核の小型化や拡散が進み、世界の平和と人類の生存に深刻な脅威をもたらしています。

庄原市は、世界最初の被爆県の都市として、その惨状と被爆者の苦しみを思い、この地球上で再びヒロシマ・ナガサキの惨禍を繰り返してはならないことを強く全世界に訴えます。

私たち庄原市民は、生命の尊厳と平和の尊さを深く認識し、一刻も早い核兵器の廃絶と永遠の平和を希求し、ここに非核平和都市を宣言します。


日本非核宣言自治体協議会ホームページはこちら(別ウインドウで開きます)
核実験への抗議
庄原市では、「庄原市非核平和都市宣言」に基づき、核兵器開発につながるすべての核実験に反対し、その実施国に対して抗議しています。

2018年(平成30年)10月11日臨界前核実験への抗議文.pdf(27KB)

2017年(平成29年)9月4日核実験への抗議文.pdf(97KB)

「核兵器禁止条約」の早期締結を求める署名および「ヒバクシャ国際署名」への協力
庄原市は、平成20年より、核兵器廃絶の市民意識を国際的な規模で喚起し、核兵器廃絶を実現させるとともに、人類の共存を脅かす飢餓、貧困、難民、人権などの諸問題の解決、さらには環境保護のために努力することによって世界恒久平和の実現に寄与することを目的として構成されている、「平和首長会議」に加盟しています。

活動の一環として、加盟する平和首長会議が取り組む「核兵器禁止条約」の早期締結を求める署名および、被爆者団体が取り組む「ヒバクシャ国際署名」活動への協力を行っています。
平成29年7月から8月に開催した、平和啓発パネル展・平和啓発セミナー等を通じて行った署名活動では、「核兵器禁止条約」の早期締結を求める署名(署名活動時は「核兵器禁止条約」の交渉開始等を求める署名)に526筆、「ヒバクシャ国際署名」に539筆の署名協力をいただきました。
核なき世界の実現に向け、引き続き皆さまのご協力をお願いします。

平和首長会議ホームページはこちら(新しいウインドウで開きます)
ヒバクシャ国際署名のホームページはこちら(新しいウインドウで開きます)

※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。

総務課
お問い合わせ
総務法制係:文書管理、庁舎管理、市議会の召集、訴訟事務など
電話:0824-73-1123
職員係:職員の任免・人事・給与・公務災害など
電話:0824-73-1122
秘書係:市長・副市長の秘書、市長会など
電話:0824-73-1125