文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

庄原市と庄原市内郵便局の協定締結

平成30年5月10日、庄原市と日本郵便株式会社庄原市内郵便局(以下、庄原市内郵便局)は、市民が安心して暮らせる地域社会づくりおよび災害時の相互協力により円滑な対応を図ることを目的に、協定を締結しました。

締結式 締結式2

協定書


地域における庄原市と庄原市内郵便局の協力に関する協定書.pdf[431KB]

災害発生時における庄原市と庄原市内郵便局の協力に関する協定書.pdf[657KB]

協定の概要

協定名

協力内容

1. 地域における協力に関する協定

・庄原市内郵便局は、次の事項を市に情報提供する。

(1)高齢者等の何らかの異変に気づいた場合

(2)道路の異状を発見した場合

(3)河川等の異状を発見した場合

(4)不法投棄が疑われる廃棄物等を発見した場合

2.災害発生時における協力に関する協定

・災害が発生し、必要が生じた場合は、相互に協力を要請し、協力内容を協議することができる。

(1)庄原市内郵便局の車両等の提供

(2)避難先リスト等の情報の相互提供

(3)郵便局ネットワークを活用した広報活動

(4)郵便業務に係る災害特別事務取扱および援護対策

(5)道路等損傷、災害廃棄物の市への情報提供

(6)避難所における臨時郵便差出箱の設置および郵便物の取集交付等

(7)ゆうちょ銀行非常払およびかんぽ生命保険非常取扱い

1.地域における協力に関する協定
庄原市内郵便局は、郵便配達等の業務中に高齢者等の異変、道路・河川等の異状、不法投棄が疑われる廃棄物等を発見した場合、その情報を市に提供し、提供を受けた市の担当課は、状況に応じて関係機関と連携を図る中で対応します。
広大な面積を有する市域のため、これらの異状等の早期発見について苦慮することもあることから、本協定の締結により地域に根ざした郵便局のネットワークを生かし情報提供を受けることで、行政機能が補完され行政サービスの向上が期待されます。

2.災害発生時における協力に関する協定
長期の避難所生活が必要となる大規模な災害が発生した場合、庄原市と庄原市内郵便局は次の事項について相互に協力を要請し、協力内容について協議することができるよう協定を締結しました。
この協定における庄原市内郵便局の支援により、避難所への臨時郵便差出箱の設置や庄原市内郵便局社員による避難所での郵便物の取集・交付等の郵便局の特徴を生かした協力体制が整備されます。

協定締結日

・平成30年5月10日(木)





※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。