文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

平成31年4月より庄原市産婦健康診査事業が始まりました

庄原市では、平成31年4月1日以降に出産された方を対象に、出産から概ね1か月以内の産婦健康診査にかかる費用の助成を行っています。
出産後間もない時期は、心身ともに不安定になりやすい時期です。ぜひ、産婦健康診査を受けましょう。

対象 平成31年4月1日以降に出産された、
健診日時点で庄原市に住民票のある産婦さん
助成回数 1回(出産から概ね1か月以内)
健診内容 問診、診察、体重・血圧測定、尿検査、
エジンバラ産後うつ病質問票(EPDS) *EPDSは必ず行うことが必要です
実施医療機関 庄原市産婦健康診査委託医療機関 (庄原赤十字病院、市立三次中央病院、国際貢献大学校メディカルクリニック、町立奥出雲病院)
*上記以外の医療機関で受診を希望されるときは、償還払いによる産婦健康診査費助成のご案内[PDF:173KB]をお読みください。
助成上限額 5,000円  *この金額を上回った分は自己負担となります
持って行くもの 母子健康手帳、産婦健康診査受診票(オレンジ色のチケット)、
エジンバラ産後うつ病質問票(複写になっているもの)


平成31年3月31日よりも前に出産された方は、助成の対象となりませんのでご留意願います。


※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。

保健医療課
お問い合わせ
【国保年金係】電話:0824-73-1158
国民健康保険に関すること、国民年金の届出・申請など

【医療予防係】電話:0824-73-1155
地域医療、後期高齢者医療制度、福祉医療、原爆被爆者援護、予防接種、献血、厚生労働大臣免許(一部の免許を除く)および県知事免許申請(一部の免許を除く)

【健康推進係】電話:0824-73-1255
健康づくり、母子保健、生活習慣病予防、精神保健、食育推進など