文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

スポーツイベントの案内

イベントの案内と報告

令和2年度

令和2年度アスリート教室(陸上競技)の開校日を再延期します

7月2日(木)に開校式の開催を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、開校式の開催日程を下記のとおり再延期します。応募は随時受け付けますが、今後の状況により、再度、変更になる場合があります。

目的:アスリート(陸上競技)教室では、陸上競技をはじめ、スポーツの共通する「走る」「跳ぶ」「投げる」の基本的な運動を習得することで、他の種目でも通用する「基礎体力・基礎運動能力」の向上を図るため、県内でも有数の陸上競技施設を有する本市の特徴を活かし、市内小学生を対象に陸上競技の専門的知識を有する指導者による指導を行っています。

開校式:令和2年8月6日(木)18時30分~(開校式終了後、練習を行います)
時間:18時30分~20時
対象者:市内在住もしくは通学している小学4~6年生(40名)
会場:庄原市上野総合公園陸上競技場
回数:全9回(詳細は開校式で通知します)
参加費:2,000円(入会金1,000円、運営費1,000円/年:保険料を含む年額)
申込み・問い合わせ先:庄原市上野総合公園(認定特定非営利活動法人ポラーノ)電話:0824-72-7201




第21回ひろしまクロスカントリー大会および第3回広島県中学生クロスカントリーチームレースを中止します

令和2年8月22日(土)に開催を予定しておりました、第21回ひろしまクロスカントリー大会および第3回広島県中学生クロスカントリーチームレースは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止します。
来年の参加をお待ちしております。




第30回庄原市スポーツフェスティバルを中止します

令和2年6~7月に市内各地で開催を予定しておりました、第30回庄原市スポーツフェスティバルは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止します。
来年の参加をお待ちしております。





令和元年度


第2回障害者スポーツ講演会を開催しました

220日、庄原市ふれあいセンターにおいて、講師に松尾整形外科リハビリクリニック 理学療法士の坂井崇浩氏をお招きし、障害者スポーツ講演会を開催しました。
障害者スポーツ現場に必要な医学的知識と題して、負傷による応急処置(手当)の方法や注意事項、重傷者を発見した時の行動など、緊急時の対応に必要な知識を学びました。 今後も、障害者スポーツの推進に向けて、取り組んでいきます。

0220障スポ1.jpg 0220障スポ2.jpg



全国大会出場者激励式を開催しました

広島県代表として全国大会へ出場する選手の激励式が1月27日に市役所本庁舎教育長室で行われ、関係者並びに家族の皆さんが、出場者を激励しました。
激励式では、牧原明人教育長が激励のあいさつを行い、片山祐子教育部長より出場者に祝金と花束が贈呈されました。
また、出場者を代表して"令和元年度全国中学校体育大会 第57回全国中学校スキー大会"へ出場される庄原市立庄原中学校1年 片山 航大(かたやま こうだい)さんが決意表明を述べ、大会での活躍を誓いました。

激励式次第.pdf

127激励式(1).jpg 0127激励式.jpg



第68回庄原市スター式駅伝大会を開催しました

庄原に冬の訪れを告げる恒例の庄原市スター式駅伝大会が、12月1日上野総合公園陸上競技場を発着点に6区間、男子16.0キロ、女子15.6キロで開催されました。
今年は、中学、高校、職域、一般など7部門に、61チーム366人が出場し、健脚を競いました。
大会は天候にも恵まれ、ランナーは沿道からの熱い声援に背中を押されながら力走し、区間新記録が出る白熱のレースが展開されました。
レース中におけるランナーへの声援、また交通規制へのご理解とご協力をいただきありがとうございました。

スター式01.JPG スター式04.jpg

結果一覧
男子中学校の部.pdf

男子高校の部.pdf
男子職域の部.pdf
男子一般の部.pdf
女子中学校の部.pdf
女子一般の部.pdf
市内の部.pdf

全国大会出場者激励式を開催しました

広島県代表として全国大会へ出場する4名の選手の激励式が11月19日に市役所本庁舎教育長室で行われ、関係者並びに家族の皆さんが、出場者を激励しました。
激励式では、牧原明人教育長が激励のあいさつを行い、片山祐子教育部長より出場者に祝金と花束が贈呈されました。
また、出場者を代表して"2019グランドチャンピオン大会"へ出場される庄原市立庄原中学校3年 大浦 快生(おおうら かいせい)さんが決意表明を述べ、大会での活躍を誓いました。

激励式次第.pdf

激励式.jpg

庄原市障害者スポーツ体験会(フライングディスク)を開催しました

秋晴れの10月31日、令和元年度第2回庄原市障害者スポーツ体験会を、庄原市上野総合公園陸上競技場で開催しました。
総勢38名が参加し、フライングディスク(アキュラシー、ディスタンス)を公式ルールに沿って行い、爽やかな汗を流しつつ、参加者同士の交流を深めていました。

今後も、体験会を通して、様々な種目を紹介し、生涯スポーツの実現に向けて取り組んでいきます。


フライングディスク1.jpg フライングディスク2.jpg

フライングディスク3.jpg

第14回庄原市民健康つくりグラウンド・ゴルフ大会を開催しました

秋が深まる1019日、庄原市田総の里スポーツ公園において、第14回庄原市民健康つくりグラウンド・ゴルフ大会を開催しました。
市内各地域で予選を勝ち抜いた30チーム150人の参加者は、所属チームの枠を超えたグループに分かれてプレーし、ホールインワンが多数出るなど、真剣勝負の中にも多くの交流が生まれ、健やかな時間を過ごしました。
成績は、次とおりです。

14回大会順位.pdf

GG大会.jpg

全国大会等出場者壮行式(秋季)を開催しました

広島県代表として全国大会へ出場する11名の選手の壮行式が9月30日に市役所本庁舎で行われ、多くの関係者並びに家族の皆さんが、出場者を激励しました。
壮行式では、木山耕三市長と宇江田豊彦市議会議長が激励のあいさつを行い、牧原明人教育長より出場者に祝金と花束が贈呈されました。 また、出場者を代表して、"JOCジュニアオリンピックカップ2019年全日本卓球選手権大会(カデットの部)"へ出場される庄原市立庄原中学校2年 桑原 光(くわばら ひかり)さんが決意表明を述べ、大会での活躍を誓いました。

壮行式次第.pdf

壮行式秋.jpg

障害者スポーツ講演会を開催しました

926日、庄原市ふれあいセンターにおいて、講師に広島文化学園大学より 加地信幸氏をお招きし、障害者スポーツ講演会を開催しました。
HBG重度・重複障害児スポ・レク活動教室「はなまるキッズ」の教室での取り組み、障害をもつ人がスポーツを行うことや、楽しむことの大切さについて講演され、参加者は熱心に聴いていました。 今後も、障害者スポーツの推進に向けて、取り組んでいきます。

講演会 (2).jpg 講演会 (1).jpg



庄原市障害者スポーツ体験会を開催しました

725日、令和元年度第1回庄原市障害者スポーツ体験会を庄原市ふれあいセンターで開催しました。
広島県立障害者リハビリテーションセンタースポーツ交流センターより講師をお招きし、19名の参加者は、スロービー、ビリッカー、野球盤の3種目の実技体験を行い、楽しくプレーする中で参加者同士の交流を深めていました。
また、庄原市身体障害者連合会、庄原市スポーツ推進委員協議会から、スタッフのご協力をいただきました。
今後も、体験会を通して、様々な種目を紹介し、生涯スポーツ社会の実現に向けて取り組みます。

R元スロービー.jpg R元ビリッカー.jpg
スロービー
ビリッカー



R元野球盤.jpg
野球盤

全国大会等出場者壮行式(夏季)を開催しました

広島県代表として全国大会へ出場する34名の選手の壮行式が7月16日に市役所本庁舎で行われ、多くの関係者並びに家族の皆さんが、出場者を激励しました。
壮行式では、木山耕三市長と谷口隆明市議会副議長が激励のあいさつを行い、牧原明人教育長より出場者に祝金と花束が贈呈されました。
また、出場者を代表して、"令和元年度第27回全国中学生空手道選手権大会"へ出場される庄原市立庄原中学校3年 椿(あらいばき)さんが決意表明を述べ、大会での活躍を誓いました。
壮行式次第.pdf

R元夏季壮行式1.jpg R元夏季壮行式2.jpg

庄原市スポーツ大使による「市内スポーツ推進事業」を実施しました


水泳教室派遣事業を実施しました


市内小学生が一流アスリートとの交流を通してスポーツに対して意欲的に取り組むきっかけづくりを目的とした、水泳教室派遣事業を庄原市スポーツ大使の金藤理絵さんを講師としてお招きして、市内の小学校を対象に実施しました。
今年度は市内小学校6校で水泳教室を行い、児童は元気な姿で金藤さんを迎え、水泳の時間には手本を見せてもらいながら教わり、交流の時間には金メダルを触らせてもらい感動するなど、楽しい時間を過ごせたことをとても喜んでいました。
本事業は、本年度から3年間で、市内の全小学校で開催することとしています。

R元水泳派遣1.jpg 水泳派遣2.jpg


レベルアップ水泳教室を開催しました

庄原市スポーツ大使の金藤理絵さんを講師としてお招きし、市内小・中学生を対象に競泳技術の向上を図り、一流アスリートと触れ合うことを目的とする、レベルアップ水泳教室を76日に庄原市西城温水プール「水夢」で開催しました。
参加した児童・生徒47名は、初級・中級・上級に分かれて、金藤さんと水泳指導員資格を有する講師の皆様から、水泳の基礎や競泳技術などを学びました。
参加者の皆さんは、金藤さんから直接指導を受けることや、少しずつ水泳が上達したことを実感でき、とても喜んでいました。


0706水泳教室1.jpg 0706水泳教室2.jpg


スポーツフェスティバル開会式

だれもがスポーツに親しみ、健康づくり・体力づくりをはじめ、互いの交流を深めることを目的とした、庄原市スポーツフェスティバルの総合開会式を77日に庄原市ふれあいセンターで開催しました。
今年度は、庄原市スポーツ大使の金藤理絵さんが、選手に激励のあいさつを行いました。
選手は、一流アスリートの力強く、思いのこもった激励の言葉を聞いて、闘志を燃やしていました。

本年度は、20種目の競技や体験教室などが、市内の各会場で実施されます。
日程は下記の案内と参加者募集をご覧ください
案内と参加者募集.pdf


0707開会式1.jpg 0707開会式2.jpg

出前トークを開催しました


6
10日に庄原市上野総合公園陸上競技場において、川北小学校の36年生を対象とした陸上競技の出前トークを行いました。
児童11名は、日本陸上連盟公認ジュニアコーチ資格を保有する講師から、短距離走やハードル走、リレーを教わり、タイム計測の時にはスタートの練習で学んだことを生かして走るなど、陸上記録会に向けて真剣に取り組んでいました。

0610出前1.JPG 0610出前2.JPG


6
3
日に庄原市立川北小学校グラウンドにおいて、陸上競技の出前トークを開催しました。
3~6年生の児童11名は、日本陸上連盟公認ジュニアコーチ資格を保有する講師から、短距離(かけっこ)とハードル走の基本動作やゲーム性のある練習を行い、楽しみながらも真剣に取り組んでいました。

0603出前1.jpg 0603出前2.jpg


5
24
日に庄原市総領自治振興センターにおいて、障害者スポーツの出前トークを開催しました。
障害者スポーツはルールが工夫され、障害の有無や程度に関わらず、誰でも気軽に取り組めるのが特徴です。
当日は15名が参加し、ボッチャ・スポーツ吹矢・シャフルボードを体験し、楽しみながら互いに交流を深めていました。


0524出前1.jpg 0524出前2.jpg


※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。