文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

人権啓発映画上映会

開催期間 2019年07月19日~2019年07月19日
開催場所 庄原市東城文化ホール

市内7会場で映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」を上映します。

この作品は、2016年9月にフジテレビ/関西テレビ「Mr.サンデー」で2週にわたり特集され、大反響を呼んだドキュメンタリーが映画化された作品です。テレビ放送後、継続取材を行い、2017年10月にBSフジで放送されると、視聴者から再放送の希望が殺到します。本作はその番組をもとに、追加取材と再編集を行った完全版です。娘として手をさしのべつつも、制作者としてのまなざしを、愛する両親にまっすぐに向けた意欲作になっています!
監督が泣きながら撮った1200日の記録を観ると、決して人事ではない「家族の認知症」「老々介護」「親子のあり方」などについて考えることができます。


【上映作品】 「ぼけますから、よろしくお願いします。」 *広島県知事推奨作品*


2018年/日本/上映時間 102分
監督・撮影・語り信友直子

あらすじ

広島県呉市。この街で生まれ育った「私」(監督・信友直子)は、ドキュメンタリー製作に携わるテレビディレクター。18歳で大学進学のため上京して以来、40年近く東京暮らしを続けている。結婚もせず仕事に没頭するひとり娘を、両親は遠くから静かに見守っている。そんな「私」に45歳の時、乳がんが見つかる。めそめそしてばかりの娘を、ユーモアたっぷりの愛情で支える母。母の助けで人生最大の危機を乗り越えた「私」は、父と母の記録を撮り始める。だが、ファインダーを通し、「私」は少しずつ母の変化に気づき始めた・・・。
病気に直面し、苦悩する母。95歳で初めてリンゴの皮をむく父。仕事を捨て実家に帰る決心がつかず揺れる「私」に父は言う。「(介護は)わしがやる。あんたはあんたの仕事をせい。」そして「私」は、両親の記録を撮ることが自分の使命だと思い始め------。

©2018映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会


【日程・会場】

地域

日程

開場

上映開始

会場

東城

7月19日(金)

18:30

19:00

庄原市東城文化ホール

高野

7月24日(水)

高野保健福祉センター

比和

7月29日(月)

比和自治振興センター

総領

8月 1日(木)

総領自治振興センター

西城

8月 2日(金)

ウイル西城ウイルホール

口和

8月 8日(木)

口和自治振興センター

庄原

8月21日(水)

18:00

18:30

庄原市ふれあいセンターコパリホール



チラシはこちら ⇒ R01人権啓発映画チラシ.pdf

※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。