文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

白色

黒色

青色

ページ自動読み上げ

ページ自動読み上げボタン

医療機関等での窓口払い免除のお知らせ

国民健康保険など一部負担金の免除について

平成30年7月豪雨で被災された方が、医療機関などで診療を受ける際に、医療機関等の窓口で、次のいずれかに該当する旨を申告することで、窓口での支払いが不要となります。
※この取り扱いは平成30年10月31日(水)までとなります。

1.住家が全壊、半壊、床上浸水またはこれに準ずる被災をした旨
2.主たる生計維持者が事業を廃止し、または休止した旨
3.主たる生計維持者が失職し、現在収入がない旨

※り災証明書の提示は必要ありません。
※7月5日以降に医療機関で支払いを済まされている場合は、後日、還付手続きをご案内する予定です。

■一部負担金の支払いが猶予されるのは、次の保険者に加入されている方になります。
・国民健康保険
・後期高齢者医療保険
・全国健康保険協会
※上記以外に、一部の健保組合・国保組合、私学共済についても免除される場合がありますので、各組合等にお問い合わせください。

※なお、入院・入所時の食費・居住費などはお支払いいただくこととなります。

お問い合わせは下記担当部署までお願いします。

担当部署 電話番号
(国保、後期高齢)
生活福祉部保健医療課
0824-73-1158
(介護保険)
生活福祉部高齢者福祉課
0824-73-1167
西城支所地域振興室 0824-82-2124
東城支所市民生活室 08477-2-5121
口和支所地域振興室 0824-87-2112
高野支所地域振興室 0824-86-2115
比和支所地域振興室 0824-85-3001
総領支所地域振興室 0824-88-3063

※「用語解説」のご連絡については、ウェブリオまでお問い合わせください。